プロのぼっちカハペ

世紀末列伝

一か月ブログを書き続けて思ったこと

f:id:kahape:20180320003324j:plain

 

こんにちはカハペ(@)です。

 

この世紀末列伝で記事を書き続けて一ヶ月が経ちました。

今回はブログを一か月書き続けて感じたメリット、デメリットを紹介していきます。

 

メリット

 

思考の整理ができる

 

個人ブログをやることの一番のメリットは思考の整理ができることではないでしょうか?

 

ブログを書くことはアウトプットです。なので例えば学校で習ったこと(これはインプットですね)をブログを使ってアウトプットする。これだけでも学生などにとったら非常に有用なツールですね。

 

そして頭の中の情報を書き出す行為はそれ自体非常にメリットがあります。特に頭の中が混乱している時なんかは、問題を書くことによって気持ちを落ち着かせてやらなければいけないことを明確にしてくれます。

 

文章を書くことに慣れる

 

一日1000文字毎日書き続けることができれば3か月後には一般的な小説一冊分の文字数を書いていることになります。

 

さらにただ文章を書くだけではなく、言葉使いに間違いはないか、伝わりやす文章を書けているかなどを気にしながら書いています。

 

ある程度、文章を書く能力は上達するように思います。

 

そして海外で生活をしていると日本語に触れる機会が少ないです。

 

特に日本語を書くことなんて滅多にないです。

僕は日本語で文字を書く仕事をやりたいと思っています。

 

だからブログを日本語で書くことは僕にとってメリットと言えます。

 

デメリット

 

時間がとられる

 

ブログを書くことのデメリットで今のところ僕自身が感じているものは時間を取られることです。

 

ブログを一日一記事で更新していくには毎日記事を書き続けなければいけません。僕の場合、新学期が始まって今はそれ程忙しくないから毎日更新できているものの、エッセイやテストが重なってくるとどうなるかわかりません。

 

書くことに慣れてきて、初めの頃に比べ1000文字程度なら短時間で書けるようになってきたとは言えやはり時間はかかります。

 

金にならない

 

ある程度記事がたまってきたり、アフィリエイト特化型のブログでもない限り、始めたての頃にブログでまとまったお金を稼ぐことは難しいと思います。

 

お金が目的でない人にとったら苦じゃないかもしれませんが、僕みたいな糞野郎は常にお金の影が頭の中で泳いでいます。

 

ブログに多くの時間を費やして金銭的に何も得られないとなると少し辛いものがあります。

 

 まとめ

 

いかがでしたか。

 

これからもできるだけブログを続けていこうと思います。

 

カハペ(@)でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者登録よろしくお願いします!

あわせて読みたい 

kahape.hatenablog.com

kahape.hatenablog.com