プロのぼっちカハペ

世紀末列伝

一度本を読んだら内容を忘れない方法

f:id:kahape:20180325050934j:plain

こんにちはこんにちはカハペです。

 

本を読むことが好きなんですが、読んだそばから内容を忘れてしまっていました。

どうにか効率的に読めて忘れにくい方法はないかとずっと探してきました。

 

今日は、効率的で忘れにくい読書の方法を紹介したいと思います。

 

特に学術書などで、一度読んだはいいが、すぐに忘れてしまったり、内容をよく理解できなかったりすることがあると思います。

 

学術書のようなものは単語帳のように1日で読めてしまうものではないので、一度で頭に入れてしまった方が効率的です。

 

それでは早速見ていきましょう。

 

なぜ一回ですべてを覚えられないのか  

知識不足 

あるジャンルの学術書を読むとき、そのジャンルにたいしての知識があるかないかでは理解度が格段に違ってきます。

 

記憶力 

ある程度理解できても数ヶ月後には、そのすべてを記憶していることは難しいです。

やはり人間の記憶力には限界があります。

 

二段階読み  

その方法が二段階(追っかけ)読みです。

 

名前からして、想像がつく方がいらっしゃると思います。

 

まず1日目に、読む分、もしくは読めるところまで読みます。一回目である程度イメージを掴む。

 

二日目は、前日の続きからと、前日読んだ分をまた読んでいきます。

 

このとき、理解をさらに深める為に、各セクションごとに要約をしていきます。スマホのメモ帳でもノートでも構いません。

 

 

このときに、前日の分はすべて読めなくても構いません。

 

今自分の読んでいる一番新しいページを追っていく感じで二日目から読んでいきます。

 

メリット 

理解を深めやすい 

難しい学術書などは一回読むだけでは、理解できないですよね。しかし、基礎知識があれば、理解度は変わってきます。そのため、二回目はかなり理解しやすくなっています。

 

内容をすぐに思い出せる 

二回目を読んでも1ヶ月経てばすべてを思い出すことは、難しいかもしれません。

しかし、要約をみると、簡単に内容を思い出せます。通勤時間や休憩時間を使って要約に目を通せば、さらに記憶に残りやすなります。

要約にページ数を書き込んでおけば、すぐに見たいページにアクセスできます。

 

デメリット 

小説などのエンターテイメントに向かない。単純に娯楽として本を楽しむ場合、意味がないと思います。ストーリーをくまなく覚えておきたい方などにはむいています。もしくは、登場人物を忘れやす方など。

 

そのほかのティップ 

要約を先に読む

本を一度で理解できない要因として、知識不足が挙げられます。

 

自分自身が精通したジャンルの本はすらすら読めてしまいます。しかし、親しみのないジャンルの本を読むことは、時間が掛かったり、よく理解できないことが起こります。

 

そこで、読みたい本の要約やまとめを先に読んでしまって、ある程度その本に対する知識を頭に入れて、読み始めましょう。

 

そうすることで、いつもより楽に本を読んでいきます読み進めることが可能性です。

 

 

まとめ 

いかがでしたか?

 

私は学術書を読むとき主にこの方法で読み進めます。

皆さんも是非試してみてください。

 

カハペ(@)でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者登録よろしくお願いします!

あわせて読みたい  

kahape.hatenablog.com

kahape.hatenablog.com

kahape.hatenablog.com