プロのぼっちカハペ

世紀末列伝

【バルス】パズーとシータのその後を予想する パズーが死ぬ?!【ラピュタ】

f:id:kahape:20180326231853j:plain

こんにちはカハペ(@)です。

 

今回の記事はジブリのカップルのその後を予想するみたいな形で更新したかったんですが、パズーとシータのトピックで1000文字を超えてしまったので、もうパズーとシータだけで書こうという事になりました。

 

 パズーとシータのその後予想 

今ではラピュタは国民的アニメの代表格ですが上映当時は全く客が入っていなかったらしいです。

 

小説版の天空の城ラピュタでは水彩画で後日談的な宮崎駿のイラストを見ることができます。劇中では製作中だったオーニソプター(鳥型飛行機)に乗ってシータに会いに来たシーンやドーラ一家とオーニソプターを飛ばしてるイラストが見れます。

ラピュタが好きなら小説版読んだ方がいいですよ!

 

なので一応設定ではシータを住んでいたゴンドアの谷まで送っていってそれっきりにはなっていないみたいですね。

 

僕の想像では一緒に暮らし始めて必ず結婚すると思います。

しかし、それはパズーかシータがどちらかの故郷で生活をし始めた場合に限ります。

 

中世から近代にかけてのヨーロッパの村では結婚生活はロマンスの産物ではなくて生きるための手段でした。村の中でサバイバルを共に生き抜くパートナーを見つけます。現代のように寿命も長くはないので若くしてパートナーが死んでしまったら新しいパートナーを探す。そして子供たちも若くして結婚していく。

 

時代設定は19世紀半ばから後半だと思います。パズーのお父さんがラピュタの写真を撮ったのが1868年です。そして一応イギリスが舞台の世界のモデルだと言われています。

 

まあゴリアテのような飛行船が存在している時代なので正確にラピュタの世界の生活様式はわかりませんが。

 

現実世界の19世紀後半は産業革命と植民地拡大の時代ですね。

 

ラピュタも植民地拡大政策の一環だったのかな、もしくは核兵器並みの力があることを初めから分かっていたんでしょうか。

 

現実世界の19世紀後半は産業革命と植民地拡大の時代ですね。

ラピュタも植民地拡大政策の一環だったのかな、もしくは核兵器並みの力があることを初めから分かっていたんでしょうか。

  

 

話を元に戻しますが、もし二人が一緒に生活を始めて結婚したとしてもすぐにパズーは戦争で死ぬんじゃないか…

もしくは鉱山で働いていたことによる健康被害で。

 

パズーみたいな少年は長生きしないと思います。

 

もし一緒にもしくは近くで生活を始めずに定期的に会うだけだったら結婚はできないと思います。

それぞれ違うパートナーを見つけて結婚するか、それぞれ激動の時代の一部として周りと同じように消えていくか。

 

僕みたいなネガティブな人間がこういうこと考えると最終的には暗い方向に行ってしまう…

 

僕はジブリの作品は映画日本版、英語版、絵コンテ、小説からすべて見ました。

ラピュタは最高傑作だと思います。

 

しかしラピュタにも欠点はあります。

英語版は声が最悪ですよ…

辛すぎる。もうちょっと歳の低い人を声優として使ってもよかったんじゃないかと思います。

  

話がそれまくりまくってますが、日本アニメの英語版で声優がはまってるなと感じたのはAKIRAですね。AIKIRAの英語版の声は完璧すぎます。金田、鉄雄、甲斐、山形、K、敷島大佐、タカシ、キヨコ、マサル、、、全員が完璧でした。

 

まとめ 

いかがでしたか。

 

まあ誰がその後を予想したとしても、神ならぬ身の知る由もなしですね。

 

いやでもやっぱりジブリ映画について考察するのは楽しいです。

 

カハペ(@)でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者登録よろしくお願いします!

あわせて読みたい 

kahape.hatenablog.com