プロのぼっちカハペ

世紀末列伝

縁を切った方がいい人の10の特徴 関係を断つ方法・対処法【完全版】

f:id:kahape:20180311081014p:plain

 

こんにちはカハペ(@)です。

 

生活をしていて何が一番ストレスかと聞かれたら、人間関係と答えます。

ストレスのない生活を送りたいです。

 

しかし、この世は人の世です。

 

文明生活において人とのかかわりは必然でもあります。

ニートをやっていた時も、ボッチの時も必ず人間関係はありました。

 

しかし無駄にストレスを感じるのであれば縁を切る、関わらないなどの選択肢もあります。

 

今回は縁を切った方がいい人の10個の特徴と対処方法を紹介します。

※ここでの会話は授業や講演。日常会話に焦点を当てています。

 

 

自分の話しかしない人

 

会話っていうのはキャッチボールであって、ドッチボールではないのだから、ボールを何度も当てられる人、つまり一方的な会話の聞き手は非常にストレスフルだと思います。

講義や講演、授業などは除きますよ。

 

日常の生活でもしあなたがあまりよく感じてないのであれば、関係を絶った方が精神的に楽になると思います。

 

一方的に主導権を握って自分の事しか話さない人とは縁を切るべきだと思います。

 

僕も数多くこのような人たちと会話をしてきましたが、後半の相槌が「へ~」と「そうなんですね~」(適当)になっていました。「すごいですね~」など相手をおだてる相槌は、相手が調子に乗るのでやめた方がいいともいます。

 

自慢話しかしない人 

上記の自分の話しかしない人と似ているのですが、自慢話しかしない人はさらに厄介だともいます。

 

その話に興味があればいいですが、興味がないのであれば自慢話を聞くほど無駄で退屈でストレスフルな時間はないでしょう。

 

そしてこのような人たちは話を聞いている人を心の中で見下している傾向が強い気がします。

なぜなら人は自分より偉大な人には自慢話はあまりしないからです。

 

自慢話をするためだけにあなたとの会話をこぎつけている可能性があります。

 

時間の無駄ですので、興味がないのであればこのような人と会ったり話したりすることはやめた方がいいと思います。

 

特定の価値観を押し付けてくる人

 

その人に危害を加えているわけでもないのに何が不満なのか、その考えは違うとか、それはこうだとか、特定の価値観を押し付けてくる人いますよね。

 

僕はあなたの意見には賛成できない、他の意見に賛成だからと言っただけであたかも僕が親の仇のように敵視しいやがらせをしてくる人がいました。

 

そのような人とは付き合ってもいいことはない、むしろ害しかないので早く縁を切った方がいいでしょう。

 

常に上から目線の人

 

何事にも上から目線で意見してきて、態度も傲慢な人いますよね。

 

あたかも自分がすべてを知っていて、すべての点で他を超越している存在かの如き態度の人とはかかわらないほうがストレスを減らせるでしょう。

 

ほかにも学生時代、過剰に傲慢な教師が多くいました。

教師の場合、ある程度尊厳を保って生徒に接しないと舐められてしまうなどの理由もあるでしょう。それでも

 

人間なんてみんな大きな差なんてないのに、すこし人より何かが長けているだけでなぜ過剰に上から目線の態度をとれるのか疑問です。

 

ソクラテスと対話させたいです。

 

このような人と話していてもこっちが嫌な気分になるだけなので、過度にストレスを感じるなら縁を切った方がいいでしょう。

 

俺らの時代はとか言い出すオヤジ 

「俺らの時代は」を多用してくる奴にロクな奴はいません。

 

大体俺らの時代はとか言ってくる奴は自分が気に入らないことに何かと文句を言いたいんです。もしくは酔っている。酒の席でのおっさんの話ほど無駄なものはこの世にないです。

 

時代なんて流動的なんだから常に一つの価値観にとらわれて行動していればいつかは時代に淘汰されてしまいます。

 

伝統や習慣は大切ですけど、時代の趨勢を蔑ろにすることは危険だと思います。

 

偏った知識で話す人

 

一つの情報をさも絶対的真理かの如く信じてしまう人、そしてそれをあたかも普遍的真理かの如く周りにまき散らす人、このような人とは縁を切った方がいいでしょう。

 

日本を過度に絶賛する人・その逆も 

いまだに日本の技術、モラル、サービスなどは世界トップだと主張する人がいます。メディアに洗脳され過ぎです。

 

もしくはその逆のパターンもあります。L.A.が恋しいとかシアトルに帰りたいとか、日本人のここがだめだとか… 過度に日本や日本人の批判をする人など。

 

あまりかかわらないほうがいいでしょう。

 

前者は洗脳され過ぎていているし、後者は自分が日本人であることを忘れています。

 

会話をしていて鬱陶しくてしょうがないので初めから関わらないほうが身のためです。

 

そして留学をしていて出会う70%の日本人、もしくは帰国後の70%の日本人はこれのどちらかに分かれると思います。

 

もしあなたの友人が留学から帰ってきてアメリカは~とかいぎりすは~とか言い出したら注意しましょう。しかし、この場合、数か月で元に戻ることが多いので放置しても大丈夫でしょう。

 

対抗意識が過剰な人

無駄に張り合ってくる人とも関りは避けた方がいいでしょう。

 

このような人はほんとに腹黒く執念深い人が多いです。

 

しまいにはあなたに勝つために手段を択ばず、いやがらせをしてくる人もいます。

鬱陶しい場合は関わらないようにしましょう。

 

否定から入る人・否定を続ける人 

これらの人々は自分の価値観を押し付けてくる人と似ています。

 

何を話しても否定しかしてきません。

 

そしてこっちが折れるまで納得しないし否定をやめない。

 

話していてマジで時間の無駄なんで関わらないほうがいいでしょう。

 

何回も金を借りに来る奴 

本当の緊急時以外に、何回も金を借りに来る奴にロクな奴はいません。

 

こういう人に限って借りたことはすぐ忘れる。これはマジで頭言似れておいた方がいいです。

 

健全な生活を送っていれば人に金を借りることなんてめったにないと思います。

 

それなのに何度もお金を借りに来るという事は、人間として何か欠陥があるとしか思えません。

 

他にも長期間借りているのに何一つ連絡をよこさない人ともかかわらないほうがいいでしょう。

 

僕の留学先の先輩でこんな人がいました。

僕にお金は借りていることはないみたいに普通に外食とかに誘ってきます。外食に行ける金があるなら今すぐ金返せよと言いたいですね。

 

関係を保って何一ついいことはないので、縁を切って正解でしょう。

厄介ごとに巻き込まれる可能性もあります。

 

どうやって関係を断つか 

このような人たちとは縁を切った方がいいと言われても仕事関係や生活関係などで難しいことはよくあります。

 

一人ぼっちになることを恐れない 

これらの人々と関係を断てないというひとは、自分が人々の中にいる生活に慣れ過ぎていて孤独に恐怖を抱いているように見えます。

 

別に知人の一人や二人失っても孤独になんかなりません。

 

むしろそういう人たちに費やす時間を自分に費やせるとポジティブにとらえましょう。

 

LINEのプロフィール画像は変えるな 

頻繁にLINEのプロフィール画像を変えるとあなたの関わりたくない人に私はLINEでいつでも連絡をとれますよと知らせていることになります。

 

ずっとLINEのプロフィール画像が同じだと、他の人はこのアカウントはもう使われていないと考えたり、1,2回連絡を無視しても調子が悪かったと言ってごまかせます。

 

いい人になるな 

ストレスを与えてくる人が周りにいて、その人を避けられない場合、いい人にならないことを意識しましょう。

 

人間関係でストレスを受けやすい人は、人との会話必要以上に一生懸命相槌打ったりしています。つまり善人ぶっている。いい人として接している。

 

あまりかかわりたくなかったら適当にかわしていればいいんです。相槌も適当でいいんですよ。

 

嫌いな人の存在を疑え!? 

アインシュタインとインドの詩人タゴールの対話で、タゴールはこう言いました。

 

タゴール「この世界は人間の世界です。世界についての科学理論も所詮は科学者の見方にすぎません。」

 

アインシュタイン「しかし、真理は人間とは無関係に存在するものではないでしょうか? たとえば、私が見ていなくても、月は確かにあるのです。」

 

タゴール「それはその通りです。しかし、月は、あなたの意識になくても、他の人間の意識にはあるのです。人間の意識の中にしか月が存在しないことは同じです。」

 

アインシュタイン「私は人間を越えた客観性が存在すると信じます。ピタゴラスの定理は、人間の存在とは関係なく存在する真実です。」

 

タゴール「しかし、科学は月も無数の原子がえがく現象であることを証明したではありませんか。あの天体に光と闇の神秘を見るのか、それとも、無数の原子を見るのか。もし、人間の意識が、月だと感じなくなれば、それは月ではなくなるのです。」

 

深い… 

 

ここでタゴール万物は人間の意識の産物だと言っています。

 

つまりあなたの意識の中で嫌いな人を一切考えなければ、その人は存在しなくなるのだから、無理にストレスを感じなくなります。

 

ちょっと無理やりすぎるかな(汗)

 

しかしこう思うと少しは気が楽になります。

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

人生谷がなければ山の喜びは引き立ちません。しかし、これらの人々と関わることで非常にストレスを感じているならすぐに縁を切った方がいいでしょう。

 

そんなこと言ってると誰ともかかわれなくなるじゃないかと言う人もいるでしょう。

そうです別に無理して人と関りを持っていく必要はないと思います。

必要最低限の人間関係があれば生活はできます。

 

しかし人生にある程度はこのような糞みたいな人たちと付き合うことも必要です。常に嫌なことを避けていると僕のような人間になっちゃうぞ♪

 

カハペ(@)でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

読者登録よろしくお願いします!

あわせて読みたい 

kahape.hatenablog.com

kahape.hatenablog.com

kahape.hatenablog.com

kahape.hatenablog.com