プロのぼっちカハペ

世紀末列伝

スキルアップの瞑想のやり方 一年間続けた結果

f:id:kahape:20180216011351p:plain

 

こんにちはカハペです。

約一年ほど前から瞑想を生活に取り入れています。

 

忙しい人、スキルアップしたい人こそ瞑想をやるべきです。

別に宗教の勧誘とか、あやしいものではありませんよ笑

スティーブ・ジョブズGoogleの社員さんも取り入れています。

 

現代人は非常に忙しい人が多いと思います。情報があふれかえっていて、自分のやらなければいけないことが見えてこない。

僕はそのような人たちに言いたい。

つまり瞑想をやることによって、情報を整理でき、多くの課題を効率よくこなせるようになると。

 

僕自身も忙しい時、頭の中が混乱しているとき、山積みの課題がある時に瞑想をすることで非常に多くのメリットを享受しています。

 

そこで今回はそんな瞑想のメリットや方法、僕が一年間続けた結果を紹介していきます。(今でも続けています)

 

瞑想のメリットと一年間続けた感想

 

僕が瞑想を生活に取り組み始めて一年以上がたちます。

まず言いたいことは、瞑想をやって非常に良かった。

 

そんな中で僕が感じた瞑想のメリットを紹介していきます。

 

情報・気持ちの整理

 

忙しい時や精神的に追い込まれているときは、頭の中が情報などでいっぱいになっていることがほとんどです。

僕の場合、心配性なので大学の課題が多く出るとそれだけで、精神的に追い込まれていました。そこで瞑想を取り入れてみました。

 

瞑想をしている時、出来るだけ何も頭に浮かんでこないように意識する。1日15分でも何も考えない時間を作るだけで、気持ちが楽になったし、やらなければいけない課題を俯瞰的に見ることができました。

 

 

仕事の効率化

 

テスト勉強などで覚えなければいけないものが多くある時、勉強の前によく瞑想をしていました。

一日のスケジュール的に夕方から夜にかけて勉強することが多かった。特に夜なんかは、次々に頭の中で関係ないことが浮かんできたり違うことを考えている。

こんな体験ありませんか?

 

他にも、朝に本を読むと文章がすんなり頭の中に入ってきて、すぐに理解できる。しかし夜に本を読むと初めは文章を追っているんだけど、いつの間にか違うことを考えてしまっている。

 

僕は集中力がないだけなのかな?と初めは思っていました。

冷静に考えると朝はいらないことが頭に浮かんでこないとわかりました。

 

瞑想をやり終わった後は非常に朝のすっきりした頭の状態に近かったです。そのあとに勉強をすると、勉強の事だけを考えることができました。

 

睡眠前の気持ちの落ち着き

 

僕は眠りに入るのに時間を要するタイプの人間です。布団に入ってから全然眠くならない。いつの間にか、好きな子とデートしてることを妄想してる。

 

「やべぇ、寝れねぇ」

 

何とかして早く眠りにつきたかった。

そこで考えたんです。

 

寝る前に読書がいいとよく言われてますよね?

それはスマホやPCを寝る直前までいじっていると脳が覚醒、興奮してしまって、睡眠の妨げになってしまうといわれています。(ブルーライトや見ている内容により) しかし、読書はそれがあまりない。つまり神経や脳を落ち着かせる効果がある。

 

これは瞑想も同じで気持ちを落ち着かせることができる。副交感神経のスイッチを入れることができる。

 

なので寝る前の瞑想を習慣化しました。これは非常に素早く睡眠に入っていくのに効果を感じました。

 

瞑想のやり方

 

僕が一年間やってきた瞑想のやり方を紹介します。

  1. 耳栓をして、壁に背中をくっつけ、脚は伸ばして腕はだらーんとした状態で座ります。(あぐらや椅子に座ってもいいと思いますが、僕はこっちの方か好きでした。耳栓もなくてもいいと思います) 自分が一番リラックスできる体勢でいいと思います。
  2. 全身の力を抜いていきます。慣れるまでは難しいかもしれませんが、力を抜く感覚を覚えます。
  3. 目をつぶり、頭の中は何も考えません。コツは何かが浮かんできたらまぶたの内側を見ることです。目をつぶっているので真っ暗ですよね。それを意識的に見て、頭に真っ黒で何も浮かんでこない状態を作ります。ほかにも頭の中で数字を数えたりするのもいいらしいです。
  4. 何も考えず、体の力を抜いた状態を15分~20分ほどキープする。 

瞑想中にYouTubeにあがってる瞑想用の音楽を聴いたりする人もいるらしいです。

そこは自分の好みで調整してみてください。

 

基本的にこれだけです。

僕の場合、一回の瞑想は大体15分程でした。初めは5分とかで終わってしまうと思いますが、慣れてくると15分、30分と続けられます。

 

まとめ

 

僕は一年間一日に2回3回瞑想を続けてきました。

寝る前には必ずやっているので、他は気持ちが落ち着かない時や、勉強を始める前などに行っていました。

そして今でも続けています。

 

瞑想と聞くと宗教的なあやしさを感じてしまいがちですが、そんなことはまったく、なくむしろ瞑想から得られるメリットは非常に大きいです。

忙しい人、夜眠りに入るまでが長い人、何かのステップアップを目指す人は是非挑戦してみてください。

 

それではまた。