プロのぼっちカハペ

世紀末列伝

ブログを軽くしてアクセスアップ 画像を軽量化 SEO対策にも!

f:id:kahape:20180220210306p:plain

  

こんにちはカハペ(@)です。

 

ブログをやっている方や、サイトを経営されてる方はアクセス数が気になりますよね。

アクセス数は多ければ多いほどいい… しかしアクセス数を伸ばそうとするにしたがって問題も出てくるかと思います。

 

今までアクセスしようとしたサイトの読み込みが非常に遅くイライラしたことはありませんか?

 

もし自分のサイトの記事の表示速度や動作が重ければ、ユーザーのアクセスに悪影響を与えてしまいます。結果的にアクセス数が伸びないなどの問題が生じてきます。

 

そこで今回は自身のサイトを簡単に軽量化できるツールを紹介していきます。

 

表示速度とアクセス数の関係

 

サイトの表示速度とアクセス数には深いかかわりあります。

Googleもこれらの関係は認めています。

 

こちらの記事で詳しく解説されています。一度ご覧になってください。

www.suzukikenichi.com

 

サイトの速度を測定する

Googleが無料でで提供しているツールを使ってサイトの表示速度を測定してみましょう。

PageSpeed Insights

 

 URLを入力する欄があるので入力して、分析をクリック。

 

速度と最適化の二つの結果が赤でSLOWLOWと出たサイトは最適化、軽量化すべきです。

 

画像を軽量化して表示速度を上げる 

非常に簡単なのでこのサイトを使って画像を軽量化、圧縮していきましょう。

今回はこの画像を使っていきます。 

tinypng.com

 

サイトにアクセスするとこのような画面になります。

f:id:kahape:20180220211102p:plain

赤線で囲ったところをクリックすれば自身のPCのファイルから画像を選択できます。クリック&ドロップで画像を赤線で囲ったところに持っていくこともできます。

 

数秒後軽量化が完了しこのような画面が現れます。

f:id:kahape:20180220211141p:plain

 

  1. では画像を単体で保存できます。
  2. では複数の画像を軽量化した時に一括で保存できます。

 

これで画像の軽量化は完了です。

 

まとめ

 

これだけで長期的に見てかなりの軽量化が見込めます。

 

塵も積もれば山となるとはよく言ったもので、画像一枚のサイズは蚊ほどでも多くなるにしたがって、サイトの表示速度にかかわってきます。

 

アップロードする画像のサイズが小さくなれば、サーバーのコストダウにもつながりますね!

 

ぜひ試してみてください。

それではまた。

 

カハペでした(@)

よろしければ読者登録よろしくお願いします。